2018

練馬生涯教育センターにて料理教室の講師を務めさせていただきました。

 連休最終日の24日、練馬生涯教育センターにてLCSという語学団体主催の教室「外国人と一緒におからや豆腐の料理を作ろう!」の講師を務めました。国籍・性別・年代、多様な参加者の方と楽しい時間を過ごしました。教室には、カンボジアで長年貧しい地域の人々の生活環境改善ボランティアをされているJLMMの浅野さんもご参加くださいました。今回のメニューは江古田のお豆腐屋さんのおからをたっぷり使った2品と、お豆腐のババロア。通訳の先生も交えて英語表記もできた交流となり私にとっても、大変いい経験になりました。

東京農業大学 応用生物科学部 栄養科学科

​フードマネジメント研究室を訪ねてきました

 東京農業大学応用生物科学部栄養科学科

フードマネジメント研究室 鈴野弘子教授 秋山聡子助教のご指導のもと、おからについての研究が昨年から進められています。

 先日、研究室を訪ねてきました。写真は、おからチームの学生のみなさんです。若い方たちに、こうしておからについて理解を深めていただくことは、将来的にとても有意義なことで、ありがたく思います。

 今後、学会での発表なども予定されていて成果がとても楽しみです。

さいたま市 ファーム・インさぎ山さんにて

毎年恒例の味噌の仕込みをしました

 毎年、寒いこの時期にさいたま市のファームイン・さぎ山さんにお邪魔し、とっておきの大豆で大勢のサロンの皆さんと一緒に味噌を仕込みます。
 一口この味噌を食べたらやめられなくなる美味しさ。近くの畑で無農薬で栽培された大粒の大豆を、萩原さんがかまどで藁を炊き、柔らかく蒸し上げておいてくださったものに、塩とお手製の麹を練り込んで、それぞれの容器に仕込みました。秋の出来上がりが楽しみです!

東京農業大学応用生物科学部フードマネジメント研究室の学生の皆さんにお会いしました

 おからの研究をしてくださっている鈴野弘子教授と秋山聡子助教の元で、論文をまとめられた素晴らしい学生さんたちです!
 今まで管理栄養士になる勉強をしてこられた皆さんは、この4月からそれぞれの場所で社会人として活躍されることになります。各地でこれからおからの輪が広がっていくことを、期待しています!

審査員になろう!Food presentation

~共生社会創造のための商品品評会 第2回~

(よこはま地域福祉研究センター主催)に

ゲスト審査員として参加、記念講演をしました

 この品評会は、障害福祉事業所で製造販売しているお菓子やパンなどのさらなる品質向上を目的に、シビアに商品の評価をする会です。

 一般の参加者の方も審査員として参加し、生産者たちのプレゼンテーションを聞きながら、試食、評価していきます。

 私は料理研究家という立場でゲスト審査員として講評をさせていただきましたが、5つの出展された事業所のお菓子やパンは、かなり工夫をされたものばかりでレベルがかなり高いものもあり、もっとこういった商品が、一般の人たちに知られるようになるための工夫の方が必要なのではないかと思いました。

 講演では、今のスイーツのトレンドや、私が取り組んでいるおからプロジェクトの話などをさせていただきました。

 よこはま地域福祉研究センターでは、他にも様々なイベントを企画しているので、是非そちらのHPもご覧ください。→よこはま地域福祉研究センター HP

  • Facebook - Grey Circle

〒100-0011 千代田区内幸町1-3-1 幸ビル9階 高橋法律事務所内

©2018 Japan Okara Project. All rights reserved.